これを読めば医療保険の見直しポイントが分かる!

自分に合った医療保険を選ぼう!

医療保険を選ぶ際に押さえておきたいこと

ご自身に合った医療保険を選ぶためには、どのようなポイントを押さえればいいでしょうか。

まずは、公的な医療保険制度について知っておきましょう。
公的な医療保険制度には、高額な医療費を支払った際に払い戻しが受けられる高額療養制度や、病気や怪我で会社を休んだ際に支給される傷病手当金などがあります。
このような制度で、万が一の時どこまでカバーできるかをまず整理することが大切です。
その上で、足りない部分を補う分だけの民間の医療保険に加入するようにすれば、無駄を省くことができます。

そして、ご自身の年齢や家族構成、現在の貯蓄額、就労状況についても整理しましょう。
特にお子様がいる場合は、お子様の教育費がかかるタイミングも合わせて考えておくと、ご自身に必要な保障内容がさらに明確化されます。

女性におすすめの医療保険

女性がご自身のライフステージについて考える時、気になるのが妊娠や出産だと思います。
医療保険には、妊娠や出産に関わる病気に対して保障が受けられる、女性特約があります。

例えば、自然分娩ではなく帝王切開で出産した場合でも保障されます。
厚生労働省の調査では、帝王切開で出産された方の割合は全体の約20%で、その数は年々増加傾向にあります。
帝王切開は自然分娩よりも平均で約10万円ほど出産費用がかかると言われており、その負担軽減に女性特約が役立つでしょう。
ここで1つ注意したいのが、妊娠中は医療保険に加入できないこともあるので、将来妊娠を考えている方は早めのご加入をおすすめします。

また、女性特約では妊娠・出産に関わる病気以外にも、乳がん、子宮筋腫、子宮がんなどの女性特有の病気にかかった場合でも保障が受けられます。
特に乳がんや子宮がんは、女性のがん患者の中でも罹患率が高いので、備えておくと安心です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る